ドコモ、通信障害であらためて対策を発表の予定

2012年8月6日

NTT<9432.T>の鵜浦博夫社長は6日の2012年4―6月期決算会見で、今月2日夜に発生したNTTドコモ<9437.T>の通信障害について、「多大な迷惑をかけて申し訳ない」と謝罪した。

今後、通信障害が発生した際に「即座に対応できるような対策を講じる」と話し、「ドコモから、あらためて対策について発表する」と述べた。また、「通信障害の改善に必要な設備投資があれば、必ずやりたい」とも語った。

4―6月期全体の収益に関しては「おおむね想定通りだった」と振り返ったが、光回線「フレッツ光」の純増契約数やドコモのユーザー数の先行きに対しては 「懸念がある」と語った。4―6月期の「フレッツ光」の純増契約数は前年同期比53%減の30万7000件と大幅減だった。

6月のドコモの新規契約数から解約を差し引いた純増数は、6カ月連続で3社中3位。通信会社を変更しても同じ電話番号が使える番号持ち運び制度(MNP)では他社への顧客流出が2009年2月から続いている。

一方、海外事業の売上高については、南アフリカの情報システム子会社ディメンション・データを中心にした受注案件の増加などにより、4―6月期は同4億ド ル増の30億ドルとなった。2013年3月期通期では130億ドルを計画しているが、ドコモが7月にイタリアのコンテンツ配信会社ボンジョルノを買収して おり、鵜浦社長は「下期にはその数字も連結に入ってくる」と語り、「このテンポでいけば年間目標は十分達成できる」との見通しを示した。

—PR—

安心で手間もかからず、飲用水だけ でなく料理やお酒など楽しみ方いろいろです。

ウォーターサーバーなら – 天然水ウォーターサーバーのアクアリズム